勝之介の工作日記 - ペン入れ

ホーム > とだ的漫画の作り方 > ペン入れ

ペン入れ

下絵が完成したらペン入れです。
090526-1
そうは見えないかもしれませんが、入稿するときはデータで渡すので、
原稿はパソコンで仕上げます。

使うソフトはCOMIC STUDIOPhotoshop

コミスタは漫画を描くのにすげぇ便利なソフトで、使いこなせればネーム・下絵・ペン入れ・ワク線・背景、全〜〜部パソコン上で作れます。

…が、勝之介はいまだにコミスタで上手にペン入れできません(^^;)
と言うか、パースが必要な背景と3Dデータ以外はほとんどPhotoshop。
(Photoshop2.0から使ってるんでついそっち使っちゃうんよね〜)

なのでペン入れ作業はGペンで紙に描いてます。
あんな下絵に直接ペン入れはできません。
コピーした下絵を新しい原稿用紙の裏に貼って、透過台を使ってペン入れします。 原稿用紙がもったいなくもありますが…
下絵の筆圧がやたら強くて、ペン入れ後の消しゴムかけがすごく大変なんです。なかなか消えないんだコレが(^^;)
鉛筆線の上にインクがのらない感じもあるし。
「てんこ」になってからあまりアシさんを使わないので、自分でその作業をやるのがイヤでそうしてます。

…ただ、このやり方をするようになって、すげぇ目が悪くなりました(T_T)
ああ、LEDのライトテーブルが欲しい〜

090526-2
ペン入れのとき、ふきだしや書き文字(擬音)は別の紙に描きます。
なんでかって言うと、原稿が完成した後でもセリフを短くしたり、ときにはまたまたコマ割を変更したりすることがあるので、ふきだしが別になってる方が修正しやすいからです。

同じコマでも手前のキャラと奥のキャラを別の紙に描いたりして、
パソコン上で重ねていきます。

以前ある編集さんから
「とださんの漫画の描き方って工作みたいですね」
って言われたことがある。
その頃はデジタル仕上げじゃなかったから、ストーリーの組み立て方についてコメントされたんだと思うけど、
今のこういう作り方からも、 「とだの漫画≒工作説」は正しい気がするね(笑)

原稿読み込みを待つ時間に書いてます。

ホーム > とだ的漫画の作り方 > ペン入れ


Twitter
Twitpic

とだの商品に限らず上のアイコンをクリック・もしくはサーチBOXを使ってAmazonでお買い上げくださると、作者にちょっとだけバックマージンが…(^^;)

Feeds


Return to page top